無料ブログはココログ

ドコモダケ

twitter

  • おけらtwitter

ユニバーサル

  • トロピカーナ

大都技研

  • 絶頂ラッシュ

携帯・デジカメ

2010年11月 9日 (火)

[携帯電話]スマートフォン本格化。

こんばんわーーw。おけらでございます(^o^)/
 
今日、docomoの冬春機種の新製品が発表され、
これで、3キャリアすべて出揃いましたねぇ。
 
スマートフォンが主役になって来たなと感じる3キャリアの発表会でしたよ。
 
ちょうど2年前、
このblogで書いた(滅多にスロット以外のことは書きませんが・・・)
 
2年前のblog。
「ターニングポイント」


ちょうど日本でiphoneが発売された後の発表会。 
今日はここで書いたことの答え合わせも兼ねて書いてみたいと思います。
 
このころは、まだまだガラケーと言われる携帯電話が主役で、
スマートフォンは1割ほどしか普及しないと言われていた時代ですねぇ。
(早いものでもう2年w)
 
まずは、
ソフトインストール型の携帯電話が増え、カスタマイズが出来る。
というのは、iphoneでもう分かっていたので、予想通り。
 
ちょっと違ったのはウィジットで、意外と伸びなかったのですね。
(まぁ優良なソフトが出なければ当然のことなんですが・・・)
iコンシェルの方は、私自身が使っていないので(docomoユーザーですがw)、
ちょっと流行っているのか流行っていないのかが、よく分からないです(>_<)
 
私はしばらくガラケーが主役であり続けると思ったのですが・・・、
スマートフォンの普及、伸びが予想以上に早くかったです。
今回の3キャリアの発表でもスマートフォンがメインとなっていました。
 
2年前のこの時、auが完全にスマートフォンを軽視していたのは明らか。
ガラケーの機能強化に走ってましたから・・。
で、ターニングポイントというタイトルにしたのですが、
まぁ、この点については予想通りで、
今日の発表会でも社長自ら言っていたように、スマートフォンに乗り遅れたと。
 
最近のスマートフォンの伸びにやっと気づいて、
今回やっと本腰をいれたスマートフォンを投入してきました。
それはもちろんシャープ製のアンドロイドos搭載のIS03。
それも起死回生を狙った、ガラケーと融合したスマートフォンを。
オサイフケータイやワンセグといった、
ガラケーユーザーがスマートフォンに行かなかった理由を搭載し、
なおかつスマートフォンであるメリットのwebブラウジングが出来る、
またアンドロイドosなのでiphoneには無いFlashサイトを見れるというものを!
(os2.2ならば、webブラウジングしながらそのままflashが見れるのですが、
 このis03はまだ2.1を搭載の予定。)
これでauユーザーもスマートフォンへという流れは当然起きるので、
ガラケーからスマートフォンへという流れは加速されそうです。
 
今回、3キャリアとも同じような、スマートフォンを出してきたので、
(ワンセグ、オサイフケータイ搭載型、全部シャープ製なのですが。)
なので、auの優位性というのはあまりなさそうですが、
これ以上の流出は防げると思われます。
  
今後は、今回のように機種自体の性能差があまり感じられなくなってきたこの時代、
次の差別化ポイントは、如何に高速で安定してネットに繋がらるか?、
それによっての不快感を持たないか?、
操作性が見た目で分り易く使いやすいか?
ちょっと無駄な動きをするかもしれないが、動きに遊び心があるか?
またiモードサイトのような、ガラケー専用サイトを利用、見られるようになるのか?
が、ポイントになってくると思われます。
 
ハードウェアの強化の時代が終わり、ソフトウェア、アイデアの時代。
それも落ちつつある今現在は、常時ネット接続すると思われるスマートフォンに耐えうる、
インフラ強化が重要な要素になると、私は考えております。
 
そうなればやはり巨人NTTdocomoがちょっと有利なのかなぁ~。
 
今回も、長々と書きましたが、
何を言いたいかというと、
私はiphoneを持っていますが、アンドロイドos搭載の端末が欲しいということ!(笑)
 
今後は今までのようにiphone(apple)独走とは行かず、
アンドロイドosの巻き返しがあると思いますし、
もしかすると、アンドロイドosが主役になる日が来るかも知れません。
その前に、やっぱりちょっと触ってみたいというのが本音なんですけどね(^o^)/
 
ずばり、欲しい機種はサムスンのGALAXYtab。
アンドロイドos2.2搭載でflashサイトが見れる。
ipadと2台同時利用で、
家でのweb閲覧やtwitterがめっちゃ便利になりそうなんだけどなぁー。
 
docomoさんお願い、
ipadみたいにキャリアに契約しないでも、買えるようにしてくれないかなぁー。
 
さて、この先2年後は、
どんな携帯事情、スマートフォンになっているのでしょうね。
楽しみですね~!!
 
2010/11/09 02:00

2010年1月24日 (日)

[携帯電話]XPERIA X10

スマートフォンXPERIA X10(エクスペリア)。

去年から噂になっていたのがこの前発表されましたね。

この発表でエクスペリアの詳細がだいぶ判った訳ですが、

今日はそれについて少し感想つぶやいてみたいです(^_-)-☆

(twitterではないのですが・・・)

個人的な意見なので、流して適当にゆるく読んで頂ければ。。。

 

まず記事を一見した時の感想は、

明らかにiPhoneを意識したスペックになっているなという印象。

(まぁ当然?)

形もそうですが、タッチパネル方式を採用し、カメラは800万画素。

OSはアンドロイドを搭載しており、googleとの親和性は十分でしょう。

あとはマルチタスクに対応しているとのことだが、

CPUの性能でどこまでスピードが維持出来るのかがポイント。

こればかりは実機を使ってみないと判らないですが・・・

日本の携帯電話の必須機能の、

おサイフケータイとワンセグ機能は搭載されていないのは、

この携帯が日本専用に開発されたものでは無いので仕方がないところでしょうか。

iPhoneと同じですね。

 

アプリは当然アンドロイドマーケットからダウンロードすることになり、

優良なアプリはどんどん出てくることでしょう。

ドコモの方は、ドコモマーケットを立ち上げ、

ここからアプリをダウンロードするということを言っていますが、

開始当初はアンドロイドマーケットに登録し、

そちらへお金を支払うという形になるらしい。

ドコモ側は、コンテンツで儲けるビジネスモデルをと言っているのですが、

ドコモマーケットは独自に運営していくということなのでしょうかね?

(アンドロイドマーケットと並行して運営)

それともドコモマーケットからアンドロイドマーケットへ、

お客さんをを誘導するという部分で、

少しマージンを取るということなんでしょうか?

 

しかし、このコンテンツやソフトウェアの部分で儲けるということは、

今後のトレンドなっていくのは、itunes storeを見れば一目瞭然。

今の、通信料で儲けるというスタイルは限界に来ていると思います。

後はどのマーケットがシェアを握るかということ。

シェアの上位2社くらいしか生き残れないでしょうし。

(どこかの社長さんが言っておりました、

 その分野で儲けようとすると上位2社には入らないと)

今のところは、優位なのはアップルとグーグルでしょうかね。

マイクロソフトは苦戦しそうですねぇ(*_*)

ドコモマーケットはどういった位置づけになるのかな?

 

あと、連絡帳がiphoneには無い特徴ということなのですが、

これはアドレスにmixiやtwitter、facebookなどのアカウントを登録し、

そのアドレスを見るだけで、

その人の書き込み(twitterならつぶやき)が自動的に表示するもの。

そして、それに対して返信が出来て便利というもの。

しかし、これは、使うのか??

twitterならタイムラインは重要な要素なので、

たぶんクライアントソフトで使用すると思うのですが?

それこそ優秀なソフトはアンドロイドマーケットで配信されるでしょうし。

mixiやfacebookは使っていないので、どうかは分からないですが、

同じようなものだと思うのですが、いかがなんでしょう。

まぁ見た目はアドレスの写真がスクロールし綺麗なんですが。

 

後は、先程も少し書きましたが動作スピードですかね。

こればかりは実機を触らないと分からないですが、

非常に重要な部分だと思います。

アプリがいくら優秀でもスピードが遅いと意味ないですから。

私の使っているiphone3Gは・・・少し遅いです(>_<)

3GSは速いらしいのですが、

今年の6月か7月に次期iphoneが出るということなので、

そこまではがまんがまんと(笑)

 

最後に通信料なのでが、

パケ放題を統一し一本化するとの話しですが、

約5900円はどうみても高いのでは?

でもまぁ、これはソフトバンクと同じように2年縛りで、

約4400円にするのでしょうね(笑)

 

で、ここまで適当なことを書いて、買うのかというと、

たぶん買わない(キッパリ)。なんじゃそりゃ(-_-;)

 

私は今現在、ドコモ携帯とiphoneの2台持ちなのですが、

ドコモ携帯を持っているという理由が、

携帯サイトを見るためだけ、という理由。

この携帯サイトは、主にスロット関係のサイトで、

(スロマガ、パニック、M店グループのデータ)

スロットを打つときの情報収集に欠かせないサイトであるので、

このサイトが見れない携帯電話には機種変更は出来ません(>_<)

スマートフォン同士のiphoneをエクスペリアにということは可能なんですが、

エクスペリアがiphoneより優れているとは、

今のところは思わないので、しばらくはこの2台持ちですねぇ。

エクスペリアでiモードメールには対応するということらしいですが、

私には意味の無いこと。

他のメールサービスで代用が利きますからね。

たぶんスマートフォンを持っている方は、

グーグル等の他のメールサービスも利用しているでしょうし、

携帯メールが使えなくなっても移行はスムーズだと思います。

 

ここまで、なんだか、だらだらながながと書きましたが、

何が書きたいかというと。

(いうと。。。)

  

エクスペリアをちょっとだけ触ってみたいっ!!

だれか買って一日だけ使わせてっo(^-^)o

 

スンマセン

 

了。

 

2010/01/24 02:45

2008年11月10日 (月)

[携帯電話]ターニングポイント

精力的に更新してますよ(笑)

 

今日は、携帯電話の新機種について、

思ったことを書いてみたいです。

 

先週docomoの発表があり、

これで3キャリアすべて、

(イーモバイルとウィルコムも入れれば5社?)

今年冬もモデルが発表されました。

 

今年の夏にiphoneが投入され、

それを意識されたのか、

タッチパネル式のモデルが目立ちますね。

 

しかし、それよりも、

今年冬のモデルで重要なのは、

ソフトウェアの柔軟性がポイントではないでしょうか。

 

docomoはiウィジットとiコンシェルというサービスを新たに始めます。

それとソフトバンクは、docomoのiウィジットと同じサービス、

モバイルガジェットを始めます。

 

このiウィジット、モバイルガジェットという機能は、

画面上にアプリを配置し、すぐに起動出来るというもの。

パソコンのガジェットから来ていると思われます。

(アプリのダウンロード)これだけでは、

ぜんぜん目新しさはありませんが、

今回の変更点は公式サイト以外からも、

アプリをダウンロード出来るということが、大きな変更点。

 

これは、iphoneユーザーが便利、面白いと感じている、

アプリダウンロードをいち早く取り入れた格好となります。

 

あとは、ほんとにいろんな人達が、

便利なアプリを無料有料問わず、作ってくれるかがポイントとなります。

 

またdocomo、ソフトバンクが、

そういった勝ってなアプリをどこまで許すか、

ということも関わってくると思われます。

  

しかし、これが拡大すると、

携帯自身には基本的なソフトしか搭載せず、

使うソフトは後でいる分だけダウンロードする、

使いやすいソフトを選んでダウンロードするということが可能になり、

自分専用の携帯にカスタマイズすることとなります。

  

また、そのためにはタッチパネルが非常に有効だとも思われます。

(文字入力を取ってしても、いろんな入力方法が選択できます)

 

iphoneはそういったものの先駆けとなる、

携帯(スマートフォン?)だと思われます。

 

これは、今までの携帯電話の常識を覆す、

新しい機能(考え方)になると思われ、

今回、この機能を入れなかった、

auはこの先、何年後かには、

この冬に失敗したということに気づくでしょう。

(見せかけの着せ替え携帯などは、もはやダメでしょう)  

 

今回auはソフトよりもハードの機能アップを重点としており、

根本的にユーザーが求めているが、

もはやハードウェアの能力アップということよりも、

ソフトの便利さだということに気づけなかったということになります。

 

昔では、プレイステーションとセガサターン。

前者は新しいハードのあり方を示し、

後者は既存のハードの強化を目指して、

結果はご存じの通り、プレイステーションの圧勝となりました。

時代のニーズを的確に捉えた、ソニーの勝利でした。

 

しかし、現在、そのソニーは、

プレイステーションのハードの機能アップを目指し、

プレイステーション3とPSPを出しましたが、

任天堂のwii、DSの前に苦戦を強いられています。

 

これは、機能強化に走ったソニーに対し、

任天堂はハードは明らかにプレステ3よりも劣りますが、

新たな遊び方を提案、ソフトを重視したことが大きかったと考えられます。

その時のユーザーのニーズがハード強化よりも、

ソフトの目新しさを欲していたからだと思われます。

ハード強化はもはやお腹いっぱいだったということでしょう。

 

  

話はだいぶ横道に逸れましたが、

今回、書きたいことは、

この冬が携帯電話業界にとって、

大きなターニングポイントになり得るということです。

(上で書いた、ハード強化はお腹いっぱいの状況)

    

docomo、au、ソフトバンク、

或いは他キャリアか、グーグルフォンか、

数年後にはどのキャリアが残っているのでしょうかね。

  

あと、途中で書くの忘れましたが、

グーグルマップモバイルもdocomoは搭載するみたいですね。

これもiphoneで明らかに便利なので成功するアプリだと思われます。

ソフトバンクは調べましたが、ちょっと不明です(スミマセン)

しかし、アプリで配信される可能性は残っています。

それだけ、ウィジット、ガジェット機能は有効だということです。

 

(ぜんぜん的外れだったら、恥ずかしいなぁ・・・) 

 

まぁ数年後なので、みんな忘れてるかぁ~(笑)

 

2008/11/10 04:00