無料ブログはココログ

ドコモダケ

twitter

  • おけらtwitter

ユニバーサル

  • トロピカーナ

大都技研

  • 絶頂ラッシュ

« [スロット]ジャグラーの時代 | トップページ | [スロット]パチンコの出玉 »

2008年7月12日 (土)

[スロット]完全告知機vsART機

今現在、市場を二分している、

ジャグラーとキン肉マン。

言い換えれば、完全告知機vsART機ですが、

その構図も変化の兆しが見え隠れしてきました。

(その他のタイプ、リーチ目タイプや技術介入タイプは、

 時代のニーズに応えられないのか、イマイチとなっております。

 私自身としましてはリーチ目、技術介入も面白いのですが、

 流行らないですねぇ、残念・・・)

  

ここで、この2タイプについて簡単に説明を。

 

完全告知機とは、字の如く、

そのプレイまたは次のプレイまでに、

ランプ、液晶、パトライト等で当たっていますよ、

と完全に告知してくれる機種のこと。

ジャグラーシリーズや沖スロ(30パイ)等です。

 

一方、ART機の方は2タイプあって、

ARTそのもので出玉を増やすタイプと、

ARTはつなぎとして、ボーナスそのもので出玉を増やすタイプとなります。

キン肉マンや戦国無双、2027といったのが前者で、

現在の主流となっているタイプです。

赤ドンちゃんやパワフルアドベンチャー、マッハGOGOGOは

後者のタイプで、今現在の状況は導入直後は良いが、

その後の稼働はイマイチとなる場合が多いです。

 

さて、14日から新台入れ替えが解禁となりますが、

有力どころのラインナップを見てみると、

完全告知機が

爺サマーを筆頭に、

スーパージャックポット、スペシャルハナハナ、花浪漫。

一方、ART機は、

今現在ART機市場を独占している山佐からバイオハザード。

となっております。

 

キン肉マンのヒットでバイオハザードが前評判高いですが、

このバイオハザードを打ち破るべく、

大都技研初の完全告知機、爺サマーや、復刻スーパージャックポットが、

どこまで、詰め寄るかがポイントとなります。

さて、

どちらのタイプが市場(一般ユーザー)に受け入れられるのでしょうか。

 

この結果が今後の趨勢を決めるやもしれませんね。

 

私個人の見解としましては、完全告知機の時代がくると思ってます。

ジャグラーの稼働ぶりをみていると、

ユーザーはARTに飽きてきているような気がしてなりません。

時代は昔ながらのシンプルさを求めているのかもしれませんね。

 

やはり「時代は繰り返す」のですか・・・

 

「シンプルイズベスト」

シンプルこそ究極なのかもしれません。

 

2008/07/12 03:45

 

« [スロット]ジャグラーの時代 | トップページ | [スロット]パチンコの出玉 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [スロット]ジャグラーの時代 | トップページ | [スロット]パチンコの出玉 »